2012年10月13日

秋華賞

長いです、最後まで飛ばしてください。

ジェンティルドンナの3冠かかるレース
それを阻止するか春連続2着のヴィルシーナ

ひねくれ者としてみてはまずどうジェンティルドンナに「逆らう」かを考えるわけですが
フォトパドックを見ても、そして追切を見ても逆らう理由なんて見当たりませんでした
なにより前哨戦で好位押切の形をされてしまっては京都内回りという条件で逆らう、不安に挙げる材料は皆無
むしろパワーアップしている印象すらあるだけに正直お手上げ
今までの3冠牝馬(どの馬とはいいませんが)とは今後も含めて違う活躍をできそうな馬、勝ちっぷりに注目します。

そのジェンティルドンナに完敗を続けているのがヴィルシーナ
前哨戦では本番で逆転の可能性を出すどころか本来この馬がするべき競馬をジェンティルにされてしまい
もう為す術がないのが現状でしょう、枠を活かし負かしに行く競馬をしてくるでしょうけども厳しそう。

ローズSを使わずにクイーンSから直行で来たのがアイムユアーズ
こちらは明らかにパワーアップしている感があり、ローテも馬を考えてのモノ
単純なマイラーで終わるだけではなかった、一枚上にステップアップしたのがアイムユアーズ
前走の内容も強いものでしたし、立ち回りという点ならジェンティルドンナ、ヴィルシーナより上手いです
逆転まで考えるかは別で消去法ではなく前向きな印を打ちたい馬はこのアイムユアーズですね。

同じくクイーンSからの臨戦となるのがミッドサマーフェア
オークスでは桜花賞馬ジェンティルドンナを抑えて1人気に評価される程
騒ぎ立てられた人気というのが正直なところでしたが、前走を見ても力は確か
ただ調整面で上手くいかないのがこの馬、前走時も馬体が減っていて軽めの調整のみ
今回も美浦の坂路を登らせているだけで負荷という負荷は期待出来ないのが現状
パワーアップしていなければ春負けた相手に逆転する事など無理だと思うので…。
馬は頑張ってると思います。

紫苑ステークス勝ち馬パララサルーは回避の為、紫苑ステークス組からはオークス3着馬アイスフォーリスを。
切れ味は皆無で追切の動きを見てもそれは見て取れる感じ、立ち回りとバテない強みでどこまでかという馬。
それが上手くハマったのがオークスだったけども自分よりも脚のある馬を負かすには早めの競馬が条件
スピードがないという馬ではないので逃げの手になんて出たら面白いかもしれません
同じサンデーレーシングのジェンティルドンナをアシストする意味でも、自身が頑張る意味でも。

他だと古馬戦で力をつけてきた上がり馬的存在の馬が気になるところ。

筆頭は500万1000万と連勝してきたハワイアンウインドでしょうか
500万でイタリアンレッドの持っているレコードを更新、前走も派手な差し切り勝ちと期待される要素は揃ってます。
前走の夕月特別も準秋華賞トライアルのようなレースで3歳の実力馬を破っているだけに魅力は十分
決め手が鋭いタイプなので「武器」という面ではハッキリしてます、上手く流れに乗れるかどうか。

同じく古馬相手に戦ってきたアロマティコも注目
前走は控えすぎ、仕掛けも明らかに遅かったですしまともに乗っていればという競馬でした
恐らくそれもあり今回川須騎手ではなく佐藤騎手だと思うので勝負にきていることでしょう
個人的に面白いと思っているのもハワイアンウインドよりこのアロマティコ
先行出来るまでの機動力はありませんが、道中動ける脚は持っていますし驚かせてくれそうな予感がします。

結果的に札幌記念からの直行という形になってしまったハナズゴールにも注目です
取り消しを挟んだことで不安が…という人気の落とし方をするとみているので逆に狙い目かなとも思ってます
前走は古馬相手に脚を余しての4着、終いの切れ味が上のレベルでも通用するのを証明しました。
広いコースのマイル戦というイメージがあった馬ですが逆にコーナー4つのほうが切れるんじゃないか?
そう感じさせるレースでもあり、あの切れ味は大きな武器。ひょっとしたら…を期待してしまう馬です。

コメントする馬は以上です。

予想するにあたって注目したのが一芸あるかどうか
やはり大きなレースとなってくると上位にくるのには武器が必要なわけで
時に例外あれど基本的にはその武器があってこそです。
なので一芸あるなと思った馬に重い印を打ちたいと思います。

◎ジェンティルドンナ
逆らう手ナシ
○ハナズゴール
切れ味評価、溜めが効けば
▲アイムユアーズ
パワーアップしてる、こちらも王道の競馬で
△ヴィルシーナ
春の実績評価、長く良い脚を使える
△アロマティコ
前走がまともなら勝てた競馬で、意外性も感じる
△アイスフォーリス
逃げの手を期待、持続力はあるのでそれを活かして欲しい
△ハワイアンウインド
連勝を評価、牝馬は格より勢いともいうので。

何故飛ばしたし。
posted by ちはなんとか at 23:29| Comment(0) | 追切 | 更新情報をチェックする

10/14 中央競馬予想 なおあたらんもよう

新潟1R 2歳未勝利【堅い】
◎リベルタドーレス
新馬、2戦目と良いスピードを見せて2着。脚質から目標にされてしまう弱みを最後に見せてしまっていた。
今回は能力あるゼンノコリオリが最内、砂を被ると嫌がる馬だけにこれは朗報。

新潟4R 3歳上500万下【堅い】
◎タマモデザイア
昇級戦の船橋交流戦は強敵スタープロフィットに離された2着、でもさすがに相手が強かったので仕方ない所
今回は動くに良い目標(ペガサスフラッシュ)がいるので競馬はしやすいはずで能力も確か。

新潟6R 3歳上500万下【堅い】
◎インステイト
休み明けの1戦。父ダイワメジャーらしく馬力型の体型で実際に走りもパワフル、芝でのキレ味勝負には向いてない感じ。
ダイワメジャーの産駒はいかにもな体型をしていながらダートだと…という子も多いけれど、ここはそもそもの地力が違うと判断。
中間の時計も上々でここはいきなりからやれるはず。

東京3R 2歳未勝利【堅い】
ゴールデンヒーロー
前走は道中上手く立ち回ったけども直線は内にモタれてしまいまともに追えたシーンなし、追えていればという内容だった
今回は左回りに変わるし、ハミ替えもしてくるとのこと。相手が楽な組み合わせで前走のレベルもそこそこ。

東京9R 東京ハイジャンプ【穴っぽい】
シャイニーブラック
使いつつ上向いてきている感があるし追切も熊沢騎手がつきっきりで消化、本来障害では重賞級の力を持つだけに復調してくれば…。
圧勝経験のあるコースでもあるので相手が休み明けのマジェスティバイオならチャンスはあっていいはず。

京都1R 2歳未勝利【堅い】
ワンダーアベニール
新馬戦は初戦ながら馬の後ろで競馬を運ぶ形、早めに追い出されると手応え以上にしぶとく最後も最内を突いて3着
経験させることは全てさせたという競馬でこの内容なら2戦目で即という感じ、少頭数なら外枠も良いし期待できる。

京都3R 2歳未勝利【堅い】
タガノギャラクシー
前走は逃げる形で競馬を運んで3着に10馬身差をつける競馬、ペースも緩かったわけではないので強い内容だった
砂を被らない形がいいようでここも外目から行くなり、番手なり自在に運べるはず、芝から良い馬が下りてくる前に勝ちたい所。
穴なら前走このタガノギャラクシーから10馬身離れた3着のウインアルカディア、馬はいいしまだ見限れない。

京都9R 堀川特別【堅い】
ラシンティランテ
少々力む面もあるけどやはり手応え程伸びないのが今のラシンティランテ
過去を振り返ってみると初勝利は札幌、2勝目は京都と共に平坦コースであった。
折り合い面の課題はあるにせよ平坦コースの方がいいのでは?という結論に、馬の良さは1000万レベルじゃないし
ここは強敵もいるけどもまともなら引けをとらないはず、叩き2戦目で前進。

京都12R 藤森S【穴っぽい】
サザンブレイズ
前走は控える形。苦しくなってからの粘りというのが魅力な馬なので直線で内々に押し込められたのは残念だった
今回は枠的にも行く馬を見る形で競馬できそうだし、2走前の内容からナムラジュエルとそれほど大差あるようには思えない
前走の負けで少しでも人気が落ちるなら絶好の狙い目。

秋華賞は後ほど単独記事で更新します。
posted by ちはなんとか at 22:47| Comment(0) | 追切 | 更新情報をチェックする

10/13 中央競馬予想結果 なおあたらんかったもよう

新潟1R 2歳未勝利【堅い】
エトリアンフルール1着

新潟3R 3歳上500万下【穴っぽい】
ミラクルフラッグ4着

新潟6R 3歳上500万下【堅い】
セトブリッジ1着

新潟7R 3歳上500万下【堅い】
パンジャ1着

新潟8R 3歳上500万下【穴っぽい】
チャペルプリンセス4着

京都2R 2歳未勝利【堅い】
マンドレイク2着

京都3R 2歳未勝利【堅い】
サンマルホーム2着

京都5R メイクデビュー【堅い】
サマリーズ4着

京都9R りんどう賞【堅い】
ローガンサファイア2着

京都10R 鳴滝特別【堅い】
エアソミュール1着

京都11R 清水S 【堅い】
タイキパーシヴァル2着

4-4-0-3-0という成績でした。堅い馬、頭まで来るんじゃないかという馬を挙げたわりには勝ち切れず。
明日のも出馬見ていいのがいそうだったら書きますね。
posted by ちはなんとか at 16:54| Comment(0) | 追切 | 更新情報をチェックする

10/13 中央競馬予想 なおあたらんもよう 

堅そう、穴っぽいなと思った馬を書きます。

新潟1R 2歳未勝利【堅い】
エトリアンフルール
前走は相手が悪すぎ、この馬の走破時計が勝ち時計であっても不思議ないくらい
相手にも恵まれたしまあくるのでは。買う馬ではないですが。

新潟3R 3歳上500万下【穴っぽい】
ミラクルフラッグ
好走条件の一つが左回り。直近の好走もその左回りのレース(中京ダ1800)
ある程度前に行ける時に好走するタイプなのでその点でも新潟コースで狙うのが良さそう
前走は外に速い馬がいて被される形で全く行けなかったので惨敗もノーカウントでいい
2走前に積極的な競馬をさせている松田騎手に手綱が戻るし楽に前にいけるようなら…
それ以外の形だったらまず苦しいので諦めるしかない、近走惨敗で人気落ちの狙い。

新潟6R 3歳上500万下【堅い】
セトブリッジ
坂路を登らせれば毎回のように好時計を出す脚力の持ち主
攻め駆けするのもあり2歳時は人気をし続けたけども全て期待を裏切り初勝利は大井の交流戦
根本的な能力不足、というわけではなくレースへ行くと何故か速い脚が使えないというタイプで
大井の交流戦でも着差を広げることは出来ず時計も至って普通、一定の脚以上のものは使えない
夏に矛先を向けたダートの長丁場では一度は不利があり4着、そして前走は勝ちに行き2着と崩れない
条件は引き続きローカルダートの長丁場、活躍の舞台を見つけたこの馬に逆らう手はない。

新潟7R 3歳上500万下【堅い】
パンジャ
既に500万クラスは勝っており降級してからまだ勝ち鞍がない
競馬の形はある程度の位置につけて早めのスパートがベストかなと今までの競馬を見て感じるし
そういう点だと少頭数の外枠だと競馬が運びやすいはずで同コースの前走内容の再現を期待したい
相手も一応好走は繰り返してはいても未勝利馬には変わりなく実績、能力共にここでは上位でしょう。

新潟8R 3歳上500万下【穴っぽい】
チャペルプリンセス
穴っぽいとは書いたけども恐らく普通に人気してしまいそうな雰囲気を記事を書いている時に感じてる
個人的には穴馬として扱ってますよーということでなんとか…。
今まで好走した条件(馬券に絡んだ)は新潟2000内回りと東京1800の2つ
この2つの競馬を見てると明らかに馬の良さが生きていると感じるのは東京1800の方だった。
最近使われてる条件を見ると福島2000、新潟2000内回り、中山1600とどれも得意ではないだろうという条件
長い直線が得意となると東京戦で決め切れなかったのは本当に後悔するところだろうなと感じました
今回は未勝利馬ながらその長い直線、しかも非力なこの馬にはベストな平坦コース、揃うものは全て揃った感
ここでどうにもならないなら先にどうにかなる条件なんて存在しないと思います、なんとか決めて欲しい。

新潟は以上、ダートは前行ける馬。芝外回りは末確かな馬と狙いのゾーンが絞れるので予想は楽ですね。

京都2R 2歳未勝利【堅い】
マンドレイク
デビュー2戦目までは脚を溜める形の競馬、ここで競馬を覚えさせてここ2走は積極策
もう勝ててなきゃおかしいと感じる馬で中京での2戦連続ハナ差負けは鞍上がどうにか出来れば…というモノ
それでも競馬の幅が広がっているのはクラスが上がってからも楽になる材料で決して無意味な数戦ではない
軽い走りをするので京都も合うはず、なんとか勝って欲しい。

京都3R 2歳未勝利【堅い】
サンマルホーム
前走は格上挑戦でタイム差ナシの2着、その前の内容から未勝利でも勝ち上がりは時間の問題だったので
野路菊Sの内容を見る限りは未勝利にいるのは反則級だろう、ここは難なく勝てていい。
唯一脅威があるとすればレース内容が急上昇していて前走もまともに捌けてれば…という内容だった01のみ。

京都5R メイクデビュー【堅い】
サマリーズ
ゲート合格から早い時計を出すまでの流れが実にスムーズだった、乗り込みも速い時計も十分に足りている
この厩舎らしく外厩でしっかり作ってからの入厩だろうし更にそこから十分な乗り込み
コメントによると気性も初戦向きな雰囲気ですし追い切り時計もいい、人気はそれほどでもないけど楽しめるはず。

京都9R りんどう賞【堅い】
ローガンサファイア
ききょうSは勝ったかなと思ったところを切れ味のあるプリンセスジャックに交わされてしまい2着
それでも最後はこの父の産駒らしく簡単には勝負を決めさせなかったし、根性はさすがと言った所
使う毎に良くなっている印象もあり鞍上もレースでは2回目、他に注目される馬もいるけども一枚上とみる。

京都10R 鳴滝特別【堅い】
エアソミュール
素質を高く評価している馬で2歳時からルーラーシップ等と併せ先着した経験まである馬
じゃなぜまだ1000万なの?そんなに強かったら菊花賞出てるだろ。という声がありそうだけども
主な問題は気性面で折り合いの難しさが出世を妨げている主な原因となっている
父ジャングルポケットの産駒は気性難ある子が多いし母のエアラグーンはあのエアシャカールの兄妹
気性に難あって当然という血統。ただ噛み合った時のパフォーマンスはそれこそ一級品
未勝利、500万勝ちの内容は共に圧巻だった。その後折り合いに苦労する競馬が続き残念ながらクラシックには乗れなかった。
休みを挟み小倉戦で近親エアシャカールを操っていた武豊に乗り替わると折り合い面では進展を見せ能力の片鱗もきっちり見せた
一度で乗りこなせというのが無理な馬なので引き続きの騎乗は大幅なプラス材料、ここでは能力が一枚も二枚も違う。

京都11R 清水S 【堅い】
タイキパーシヴァル
引き続き明らかな展開利が見込める、ただ前走時はまだ状態面が半信半疑で万全ではなかった
一回叩いた今回はグンと動きが良くなったとのことだし藤岡騎手の代打で浜中騎手も用意
万全に万全を期した臨戦で重ねて展開利も見込める、56.0もなんら辛くないし勝つべきレース。

京都は以上です。

東京?なにそれ美味しいの?ぱっと見気になる馬もいなかったのでスルーしました。

追記
追い切りに関してはしばらく見てちゃんと見れるかな、自分の中で出来る限り伝えられるようになったら記事を再開します。
それでなくてもよっぽど気になる馬がいたら書くようにします、タイトルとは逸れる記事が今後もあるとは思いますがよろしくお願い致します。
posted by ちはなんとか at 01:18| Comment(0) | 追切 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。