2012年10月21日

菊花賞 回顧


スタートは全馬揃って先行争いへ、ゴールドシップはいつものようにマイペース追走、最後方待機
まずビービージャパンが先頭を奪うと後続も差なくそれを追走し固まった形で正面スタンド前へ。

本命のユウキソルジャーはスタート後の感じだと好位を狙っていたけども
外から馬が雪崩れ込んでくる形だったので、馬群中と内に構えてた馬は最初の4角とホームストレッチでポジションが下がってしまった形。
ユウキソルジャーも例外ではなく後方の位置取りへ…この時点で正直もう苦しいかなと思っていました。

レースは緩みなく流れ向正面でも馬群は固まって流れ
ゴールドシップは坂の上りから一気のスパート、下りでは一気に前を射程圏に入れ直線へ
ユウキソルジャーは1.2着馬が勝負どころで外にいるも完全に仕掛け遅れた形

直線に入るとゴールドシップがマウントシャスタを交わし先頭へ
間からスカイディグニティ、外からベールドインパクトが追うもゴールドシップに並びかけるところまではいけず
ユウキソルジャーは外に出してから前を猛追、最後までしっかり伸びてベールドインパクトを交わし3着

レースラップ
13.0 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.6 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.9 - 11.8 - 12.4

13秒台がスタート後の1ハロンだけという緩みない流れでステイヤー適性が試されたレース
ゴールドシップが動き出したのは向正面、恐らく1200~1400メートルくらい脚を使い続けてる
それでいて最後まで後続に交わさせないのだから素晴らしい持続力の持ち主。
オルフェーヴルのような速い脚という意味では不足しているかもしれないけれど
劣らない持続力を持っているといっても過言ではないはず、圧巻のレースでした。

このレースの検討のポイントは後半4Fの持続力だったんだけども
結局レース自体は後半4Fどころか後半5F.6Fの持続力を求められた形で
上位に来ている馬に関してはスタミナ抜群と言っていいはず
直線で止まってしまったマウントシャスタ等も距離短縮で見直しが必要でしょう。

ユウキソルジャーも最後までしっかり伸びている点で評価は高いまま
決して大きい馬ではありませんが、それが逆にいいのかもしれません
数字的にも血統的にも裏付けのあるステイヤーとして今後この路線を沸かせて欲しいと思います
来年の天皇賞春の本命馬はもう今からユウキソルジャーです
自ら動く競馬でゴールドシップにリベンジをして欲しい、そう思いました。

個人的には理想的な菊花賞が見れたと思いました(予想とは違いましたが)
本命馬がきたから。というわけではなくスタミナを求められる本来の3000メートルのレースを見れたかなと。
自らねじ伏せにいったゴールドシップ、内田騎手には素晴らしい競馬を見せてもらいました、感謝したいです。


印的には○無◎と外れてしまったわけで
スカイディグニティに関してはド級のスタミナ比べにならないと脚が遅くて間に合わないのでは
という考えでしたし、ベールドインパクトもこれだけ走るなんて全く考えてませんでした
このレースに関しては過去ラップと睨めっこしながらレースを見て照らし合わせる予想方法だったので
ラップを普段あまり見ない系男子としては良い勉強になったレースでもありました
一番感じたのは予想の詰めの甘さですが…。

来週はいよいよ天皇賞秋です、ラップと睨めっこしていて菊花賞出てたら本命決めるの楽だったなぁ・・・
と思わせてくれたフェノーメノは天皇賞に出てきます、最終判断まではまだまだ時間がありますが
注目の1頭になることは間違いなく、3歳でどこまでやれるのか期待が膨らみます。

以上、駄文にお付き合いして下さった方ありがとうございました。
posted by ちはなんとか at 21:25| Comment(0) | 追切 | 更新情報をチェックする

10/21 中央競馬予想結果

如月千早ちゃんは愛らしボディの持ち主

新潟4R 3歳上500万下【穴っぽい】
アグネスピンキー3着
行く馬が居て控える競馬も最後まで頑張っていた、ローカル500万ならいつでも狙えそう。

新潟10R 咲花特別【堅い】
ライジングサン1着
隣の馬が落馬するハプニングはあったもののスッと逃げてそのまま楽勝。

新潟11R 轟S【堅い】
エバーローズ1着
道中カメラ?に物見をする所などあったし、全然真剣に走ってない用な感じで楽勝
直千以外の芝でどうなるかはわからないけども直千なら来年のアイビスサマーダッシュまで計算に入れても。

京都5R メイクデビュー【堅い】
エピファネイア1着
衝撃のデビュー戦、このパフォーマンスだけなら今まで伝説の新馬戦と言われた所の勝ち馬と比較可能。

京都8R かえで賞【堅い】
プレイズエターナル1着
発馬があまりよくなく後方からも勝負どころで外に出すと大外から一気に伸び差し切り
控える競馬が出来る事で少し距離が伸びてもごまかせるか?いずれにせよ先が楽しみ。

東京2R 2歳未勝利【堅い】
テンシンランマン1着
先行策から直線で2着馬がくるのを待ち追い出し、最後まで脚色に余裕があり快勝と言っていい。

東京7R 3歳上500万下【穴っぽい】
ジェネスサンキュー6着
追い込みから中団インで溜める競馬、直線も1ミリのロスもなく内を突き一旦は抜けだそうか…
というところで止まってしまった、この負けを見るに敗因は距離で1400なら全力で。

東京9R 南部特別【堅い】
エキストラエンド1着
思ったより位置取りが後方で不安だった道中も直線入口で勝負を決めた形、力が違った。

今日は好調でしたね!というより堅いと思ってる馬を挙げる以上安定させていかないといけません。
まあそれでも頭まで…というのが多かったのが楽でした。

菊花賞の回顧は後ほどの更新。

今日までの成績
【14-8-2-4-8】
勝率44%連対率61%複勝率67%
posted by ちはなんとか at 16:35| Comment(0) | 追切 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。