2012年12月01日

金鯱賞 ステイヤーズステークス予想

重賞予想です…普段は書きませんが。

ステイヤーズステークス ちょっと自信アリ
◎フォゲッタブル
△01.07.08.10.11.12

相手は絞れませんでしたがこのメンバーなのでお許しを。
本命のフォゲッタブル、直前の追い切りの動きが抜群でビックリするくらいでした
時計も伴ってましたしこれはかなり期待しても良いのではという感触。
当然ステイヤーズステークス一本狙いのつもりでの本命ですが、長距離は絶好の条件
不安点は馬場が極端に悪くなる事、それさえなければ格好はつけてくれると思います
枠も良いですしムーア騎手なら折り合いも確りつけてくれるでしょう、期待は大きいです。

△マイネルキッツ
去年の覇者ですね、条件的に押さえる必要があると思ったので。
△ネオブラックダイヤ
脚は遅いけども長く使えるよという馬でスタミナ豊富。
△デスペラード
芝に関しては前走で適性示した、距離は不安だけども瞬発力要求されたら出番。
△ケイアイドウソジン
ハナにせよ番手にせよ確実に自分のペースで競馬が出来るメンバー
△ファタモルガーナ
デスペラードと同じく瞬発力要求されたら出番がくるはず、折り合いは付く馬。
△メイショウウズシオ
前走は余裕残しだったこともあり使っての上積みも期待、馬場が悪くなるならそれでも良いはずで。

金鯱賞 自信ならないよ
◎エアソミュール
○コスモオオゾラ
▲ダノンバラード
△アスカクリチャン
△アドマイヤラクティ
△サトノギャラント
△オーシャンブルー

頭数の割に候補が多くなってしまいましたが、これも混戦、十分に波乱の可能性があるレースとみてる。

本命はエアソミュール
普通に勝ってきたわけではなく前走は相当中身の濃い競馬。
馬3ハロン38.7のレースを比較的前目で折り合い直線も内を突いて抜けてくるという上手な競馬を披露
スローでも折り合いに進展が見られて多少なりとも能力に気性が追いついてきた印象を受ける
まだまだ若い馬なので全幅の信頼を置くまでには至ってないけども能力に関してはここでもヒケを取らないことは確か
金鯱賞もスロー濃厚のメンバー構成でここ2走りでドスローの競馬を経験したことが活きるはず。

対抗はコスモオオゾラ
前走は骨折明けぶっつけ厳しい流れの長距離レース
どんな馬でも苦しいだろうし、コスモオオゾラという馬はスタミナはあるけどもステイヤーではないタイプだと思っている
中距離向きの良いスタミナとしぶとさを持っている馬で、要求される脚が厳しかったダービーでの好走が能力の裏付け
時計かかる馬場◎としても能力で不向きな条件をこなせてしまうくらいには力のある馬。
安定性を取るのであれば◎よりこちらでしょう、コスモオオゾラの対抗抜擢には自信を持ってます。

単穴はダノンバラード
中京コースは相性がよく、まだ馬場が相当重かった春の中京でも走れている点適性は間違いない
夏の1600万勝ちもこの舞台でパワー型のこの馬にとっては絶好の舞台といっていい
ここ2走も稍重重馬場のレースで上がり34秒台を使っての好走で他のキレが削がれる舞台なら浮上は間違いない
不安点は病み上がりの北村友一騎手、腕は確かもブランク長くそこまでの信頼をいきなり置けるかといったら疑問。


展開を考えると行きたくはないけど前にはつけたいアーネストリーがどういう動きをするかに注目
本当に逃げ馬がいないメンバーなので有馬記念のように押し出されてハナに行くまでは容易に想像可能
そうなった場合レースの流れは間違いなくスローで中京といえど決め手が要求される競馬になるはず
その時に対応できるであろう馬に印を打って行きました、対抗単穴はその中でも注目度が高い馬達です。


両重賞とも波乱の可能性が十分にあるレース
「見」が正解なのかもしれませんが、そういうレースこそ当てたいので狙って行きたいと思います。
posted by ちはなんとか at 05:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。