2012年04月06日

追切診断 ニュージーランドT、阪神牝馬S

ニュージーランドT

ヴィンテージイヤー
芝コース併せ馬。相手が仕掛けると軽く突き放され遅れる。
気の悪さがある馬なだけに頭は高いけどもこれは普段から
芝のキレ勝負には明らかに分の悪い走りなので馬場状態次第。動きはこの馬なり。 C-

オリービン
ポリトラックコース単走。
基本は坂路の馬だったけどもここ2走は直前コース追い。
元々走りに関してはセンスの良かった馬で荒削りだった2歳時より正確性も出てきた
一回の捌きで確かに前に進んでいくし、コース的に楽な面あったにせよ評価したい。 B

コスモルーシー
ポリトラック併せ馬。馬なりの相手に仕掛けて食い下がる。
デビュー時に比べると良くなった感はあるけども見違えたという程ではなく期間的なものかと
どうも力がこもってない走りで平凡な動き。これで牡馬相手のマイルは…。 D

サドンストーム
坂路コース単走。週中の大雨の影響で時計の掛かるコンディション。
栗東にいる時は一貫して坂路調教を消化し、追切の鞍上も固定している。
改めて今回の動きを見てみると重い坂路だからこそわかるパワーが伝わってくる
雄大な動きをするタイプではないので本質はスプリンターだろうけども完成度は高そう。上積みも。 B

セイクレットレーヴ
坂路コース併せ馬。併走馬が終始一杯なのを軽く仕掛け突き放す。
坂路では毎回抜群の時計を出し攻め駆けする馬。若干頭の向きおかしいのも特徴の1つ。
前捌きの力強さが非常に魅力的、現状はこれで推進力を稼いでいる印象で
もっと後ろに力がこもるようになってくれば本物かなと。現状でもそこそこには。 B

バンザイ
ポリトラックコース3頭併せ。内から一旦は外の2頭を突き放すも最後大外の馬に交わされる。
前回追切を見た時よりもまじめに走ってる印象がある、恐らく体の重たさがとれてきた分かなと
この父の産駒らしいパワフルでしぶとい走り、デキ自体は確実に上昇してる。 B

フェスティヴタロー
ウッドコース3頭併せ。内から終始馬なり、最後は中の馬とのリードを半馬身程取り先着。
首を使う走りで前の伸びも悪くない。この馬なりには悪くないのかなと。 C

ブライトライン
坂路コース単走。馬場状態は上記の通りなので時計は出ない。
やはり馬場が重たそうで首の浮くこの馬にとっては楽なコンディションではなさそう
ただ比較的真面目に走るようにはなってきたし、気性面の成長が前走の走りにもつながった
今回もレース行っての折り合い次第、状態は平行線。 C+

ホーカーテンペスト
ウッドコース単走。外目周って、終始ほぼ馬なり。
鋭さはないけども確りと描き込み蹴って進んでいく、元々好素材だったけども
近走コース中心の調教に切り替えてこの馬のしぶとい走りが更に活きるようになってきた
今回の動きを見ても確りと身になっている印象で状況さえ向けば一発あっても。 B

レオンビスティー
ポリトラックコース併せ馬。内目から並びかけ仕掛けると相手を楽に置き去り。
前走時より全体の時計を出していない分迫力ある動きには見えるんだろうけど
仕掛けてからの反応の良さは目立った、使った分の上積みは確りと感じる。 B

お勧め馬
特になし。みんなよかった。

阪神牝馬S

アパパネ
栗東CWコース3頭併せ。内側から並びかけ仕掛けジリジリ脚伸ばし先着。
先ほどの坂路と同じく調教前日の大雨が相当影響してるコンディション。
先着自体は相手の動きが鈍いので評価の対象にはならないけども
重いコンディションの割には確りと動けている印象で横から見た感じも悪くない。
前哨戦からっきしというのを頭に入れてもやはり良い馬。動きだけなら当然評価。 B+

アンシェルブルー
坂路コースで併せ。仕掛けて軽く突き放す追切も映像が坂半ば以降からで非常に短い。
追切自体は元々動く馬、今回もキビキビとこの馬なりに動いている形。特筆すべきところは特に。 C

エーシンハーバー
ポリトラックコース併せ馬。追走する形、馬なりで並びかけ仕掛け先着。
大きな動きをする馬ではないしポリトラックなので捌きは軽快に見える
それを加味しても脚の運びは鋭く見えるし、重賞に挑んでくるだけの仕上りにはあるかなと。 C+

エーシンリターンズ
栗東CWコース単走。終始無理をさせず最後も鞍上が軽く気合をつける程度。
下が重い分か捌きが非常に小さくて首の動きだけで前に進んでいる感じ。
捌きに関しては全く参考にならないけども、ドタバタではない分少しは評価。 C+

オウケンサクラ
坂路コース単走。終い軽く仕掛け脚色一杯。
坂路で動く馬だけあって動きに大崩れは感じなかった。
ただ挙げるまでの良い所は伺えず…。 C

カトルズリップス
ポリトラックコース併せ馬。軽く手を動かす相手に終始馬なり、楽ないい手応えで併入。
近況の良さを感じさせる手応えと動き、キビキビとしたいい走りで捌きも不安ナシ。 B

キョウワジャンヌ
坂路コース単走。全体時計もごく遅く追うところも全く見せない。
馬場が重たいせいもあり手控えた追切、ただこれだけでは普通に走れている事しかわからないので…。 保留

サワヤカラスカル
坂路コース単走。終いは追うもやはりこの馬場では脚が上がる。
内掻きも坂の半ばまではそれなりに悪くない格好。まずまずか。 C

セブンシークィーン
坂路コース併せ馬。終い仕掛け追い比べで最後競り負ける形。
短いところに適性のある馬らしく重心は低めの走りでこの馬場でもなんとか頑張れてる
追い出してから一瞬はいいところあったし、動き自体はまずまずかなと。 C

チャームポット
坂路コース併せ馬。上記のセブンシークィーンとの併せ、最後競り勝つ形。
前脚モロに開く走り。馬場もあるだろうけど追ってから少し鈍さを感じるところ
それでも最後の一踏ん張りはよかったしそこそこには評価していいはず。 C+

フォーエバーマーク
坂路コース単走。終い鞍上が腰を落とし軽く馬に合図する程度。
直前は基本コースでやってた馬だけども今回は直前坂路。
前から見てもやはり攻め駆けるなぁという感じで実際に動きも良い。
これは去年暮のレースでも思った事なので単に攻め駆けだけのタイプかもだけど追切だけなら。 B

フミノイマージン
ポリトラックコース単走。抑えて抑えてから終い脚を伸ばさせる程度、ほぼ馬なり。
馬場が重く脚を取られる所で追切してる馬が多い中に入れるからよく見えてしまうというのもあるけども
四肢の伸び良く動きも良好。セコイ動きの馬ではないので条件だけが敵になりそう。 B

マルセリーナ
栗東CWコース3頭併せ。内で中外の馬を待つ形で追い出すと突き放す。
終い重点ということはあってもこの重いウッドで終いこれだけ伸びれば上等。
全体の動きも抜群。馬も良くなったんだろうし、横比較でも上。上位争い。 A

レディアルバローザ
ポリトラックコース単走。終始馬なり。
馬場が悪いからとポリトラックに切り替えた馬はいるけどもこの馬は普段のメニュー。
膝下がほとんど伸びない後ろだけの走りという印象で今まで見てきたんだけども
今回は見たことないくらい伸びてて正直ビックリ。良化認めざるを得ないので高く評価。 B+(特注)

お勧め馬
マルセリーナ
レディアルバローザ
アパパネ
フォーエバーマーク
posted by ちはなんとか at 23:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

追切診断 毎日杯

毎日杯

アドマイヤブルー 評価B+
坂路で併せ。終始手を動かさず楽に先着。
全く無理なくスイスイと坂路を駆け上がっていく、捌きも良い。
素材の良さは間違いないと言ってよさそう。

エアソミュール 評価B+
CW、3頭併せ真ん中。初シャドーロール、終始楽な手応え。
元より攻め駆けするタイプだけどもシャドー着用で首使いが良くなった
見にくいところはあるも前肢の捌きは鋭く伸びがある、まだ荒削りもレベルは高い馬。

エロイカ 評価B
坂路で単走? 終いだけ軽く仕掛ける程度。
仕掛けてからの反応は良いものがあった、ディープ産駒らしい捌きでキレは感じる
ただ所々ブレがある感じで使っている組と比べるとまだ完成途上という印象。素材はよさそう。

クロスカップリング 評価C
坂路で併せ。追走し最後並びかけて併入。
まずまずと言った感じ、ただこの中に入ると馬が劣るのは仕方ない所。

ショウナンラムジ 評価D
坂路で併せ。終い仕掛けて並びかける。
フワフワするところがあり、下に力が入らないのか途中ブレるし力強さも感じない
本質は軽い馬場向きのはずで条件も?だし、仕上がりも途上の印象。

スピルバーグ 評価B
坂路で併せ? 馬体を離して軽く抜き去る。
ここにきて馬の方は本格的な良化を感じる。
捌きも良いし、全く楽な感じでこの動き、使いつつよくなってるのは間違いないので後は力関係。

ダローネガ 評価C+
栗P、併せ。終い仕掛けてクビ差程度先着。
今まで見てきたのは全て坂路追いだったのでコース追いは新鮮
追ってからの渋さ等はそのままで、前の出も印象は変わらない。
中間コース追いに切り替えた事でどういう効果が出るかだけども動き自体は良好。

ヒストリカル 評価B+
坂路で併せ。前半から飛ばす形で終いしかけるも脚は上がってる。
それでも姿勢は崩れてないように見えるし、終いまで捌きの良さは目立ってる
前走時より上積み感じるし、徐々に馬も良くなっているのだろう。先々まで楽しみ。

ピタゴラスコンマ 評価B
南Wで単走。雨の神。サッと流し終い少しスピード乗せる程度。
頭は少し高いも動きと連動してて回転良く横から見てる限りは崩れない良い走り
終いだけの追切であることを考えても悪くないのでデキはいいのでは。

フジマサエンペラー 評価C
南W、併せ。追走する形で内から抜け出し先着。メンコ着用。
掻き込むような走り、持久力で勝負するタイプだろうという走り。
ここでは反応の良さと脚の速さで劣る。条件選べば注目できる馬だろうけど…。

マイネルカーミン 評価C
南W、併せ。追走し外から併せ特に追う所なく馬なりで併入。
終いの時計は出ていないけども無理させてないので評価としては時計以上
ただ見てきた良い馬と比べると劣ってしまう、この馬なりによさそうだけども。

マウントシャスタ 評価C+
坂路で併せ。何度かフラフラする場面ありながら追い出すと突き放し先着。
何度もフラフラしたようにまだ芯が通ってない面はあるんだろうけど終いの伸びは悪くなかった
ただ他も上向いてきていて重賞クラスに入るとなるとまだ狙うには早いかなと、成長に期待したい。
posted by ちはなんとか at 19:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。